my childhood

反虐待とveganism、創造性とは何か、が3本柱です。

vegan 健康のために食事を変える→環境も変わる

健康になりたいと思う人は何が一番手っ取り早いかというとやはり食事管理だと思います。
運動は人によっては難しいし(仮令畳の上でストレッチ、でも)、場所も時間も必要だし効果が現れるまで時間がかかります。
勿論やるに越したことはないです。ゆったり歩く散歩でも肩を回すだけでも。

いちばんいいのは食事を変えることです。
基本は菜食です。

それが出来ないと、今の有害食品を断ち切れない人は
あなた何かの宗教に入ってるの?と言うし(いいえ、それどころか科学的根拠のある企業の紐付きでない研究結果の出ている事実です)
データや科学的根拠があることを見せるとムキになって否定する。
じゃあ、不健康で居たいの?
と聞くとそうじゃないと言う、でも治し方があることがわかったら
それを試したいでしょ?と聞くとイヤ、って言う。
ここにamazonのリンクを貼ろうかと思った本も、「カルト」と言う評があって、つらいです。

ん〜、苦しみ続ける必要もないし
病気から解放されるし
変化を受け入れたあとってスッキリするものです。

試してみませんか?
人生が変わりますよ。
まず、買い物に行くたびに、自分が選ぶ食品と環境、人体への影響に思いを馳せるのと
ナニモカンガエズニ、買うものを選んでいるのとでは
顔も体も違ってくるでしょう。

菜食は割高と思われるかもしれませんが、
体調を崩した時にかかる医療費を考えたら、
トータルでお得だと思いませんか?

菜食に慣れてくると、快適さを手放せなくなって
その前に長年続けていた、不健康食の刺激よりも健康でいることの心地よさを優先したくなります。
私も最初の数年は肉食との間で揺れていました。
頻繁に逸脱していました。
でもそれが3日に1回から1週間に1回、2週間に1回になり、今は殆ど逸脱することはなくなりました。

たまに食べたくなったお寿司は
7年前の3月から口にしていません。

菜食を、自分の健康のために始めたけど、
畜産の実態を知ったら他の誰かのためにもなっているんだとわかりました。
世界中に思いを同じくする人たちもたくさんいることがわかったし。

↓私がよく見るチャンネル


Vegan Visits Dairy Farm

We Got Inside A Dairy Farm...
↓veganチャンネル、と謳ってるわけじゃないけど、彼ら(動物)の感情世界を思ったら、人間の刺激のために最初から殺す目的で産ませたりしちゃいけないと益々考えるようになりました。

Dog No One Wanted Gets The Absolute Perfect Mom | The Dodo
畜産だけじゃなくサーカスも、ダメです、絶対に。

Circus Tiger Finally Has A Real Home

以上


にほんブログ村 本ブログ 文芸一般書へ ランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。